about us
モーガン・クラブ・ニッポン
 本会は英国ウースター州の小さな町、マルバーンにおいて1909年にH.F.S.モーガンによって産声をあげ、今日に至る迄その伝統を守り、生産を続けてきたモーガン・スポーツ・カーをこよなく愛する日本の同好の志を募ってクラブを組織し、その活動を通して会員相互の親睦を深め、知性と健康とユーモアのセンスを増進する事を目的とし、名称をモーガンクラブニッポン(略称MCN)として2007年1月22日に設立しました。
本会は会員各自の自主性を尊重し、自由で創造的な活動を通じて、日本に於ける「自動車文化」の確立に貢献する事を目的とします。
 


New Year Rally 2014 Jan/19/2014

代表 上野山貢三郎からのメッセージ (2012~   )
MCNの代表、初代、棚橋さん、2代、前田さん、3代、黒崎さんの跡を継いで、会員の皆様のご推薦を受け、2012年度より代表を引き受けることと致しました。 背景としては、MCN設立以来、担当してまいりました事務局を渡邉マリコさんが担当を引き受けて下さったこと、そして、棚橋さん、渡邉義紀さん、茂木さん、茂木小夏さん、竹山さん、菅野さん、椎名さん、藤原さん、上野山聖基さんの各面々が得意分野で其々担当をお引き受け戴いたことで、私も大船に乗った船長の気分です。 私は棚橋さんの「One for All, All for Morgan」を合言葉に「楽しいことをやろうぜ!」、そして黒崎さんの「風通しの良い、全員参加、集合!」なるスローガンを踏襲してMCNクラブ活動を進めて行きます。
クラブ、そして会員の皆様のために何ができるかを心掛けて参ります。皆様がMCNの会員として、クラブ活動に参加されて良かった、楽しかった、と思えることを実行するように勤めます。勿論、それには各担当皆様のご尽力が無くてはならことですが、同時に会員皆様のイベントへ等のご参加はもとより、ご希望、ご提言も大切です。更に現各担当に参加、或いはお手伝いしたい、出来る、と思われる皆様も大歓迎です。皆様の積極的なご参加ご支援をお願い申し上げます。 尚、今回の「総会議事」に含まれませんでしたが、従来、イベントや会合に奥様方、ご子息が参加されています。クラブ活動には皆様のご理解も不可欠と思います。そこでご希望であれば奥様、ご子息を「ファミリー会員」としてメンバーになって戴くことを提言致します。
(MCN #005) 上野山貢三郎
 
代表 黒崎哲也からのメッセージ (2010~2011)
先ず、我々が目指すべき理想とするクラブの新しいカタチとは、全ての会員がクラブに関わる全員参加型というものです。全ての会員が等しく、色々な意味で公平でなければならないという事です。各人のギアチェンジやアクセルのオン・オフのタイミングは微妙にそれぞれ違う訳ですが、それを補うものを我々は持っています。
それは、創立以来クラブの支柱となっている。「One for All, All for Morgan.」つまり相手を思いやるという精神です。この精神を受け継ぎながら未来永劫の繁栄を信じ、MCNのエンジンが円滑に回る為の潤滑油となれれば幸いです。 (MCN#012 黒崎哲也)
 
初代代表 棚橋廣夫からのメッセージ (2007~2009)
モーガンクラブニッポン(MCN)設立総会(2007年4月7日)にて代表に選任された棚橋廣夫です。本来はもっと若い活動的な方々の中から代表を選任して戴きたかったのですが、我々がこのクラブを立ち上げた際、最も重要なコンセプトであるところの民主的で自由な精神、各自の意思を尊重し、強要される事の無い楽しいクラブライフを(出来ればカッコ良く)送れるようにという主張を掲げ、旗を振った以上、お引き受けせざるを得ない結果となりました。 さて総会の挨拶の折にMCNのスローガンとして、「One for All, All for Morgan」を提案させて戴きました.ご指摘の様にこれはアレクサンドル・デユマの有名な「三銃士」でダルタニアンがアトス、ボルトス、アラミスと友情を結ぶ場面でこの言葉が述べられ、「一人は四人のために、四人は一人のために」と訳され、ラグビーなどのスポーツに於ける結束の標語として用いられております。
当クラブとしては、そのまま引用するのもはばかれますの 「One for All, All for Morgan」としては如何でしょうか。 クラブバッジ、ステーショナリー、等にロゴマークと共に掲げるようにしたいと思います。(MCN#009 棚橋廣夫)
 
© MCN(Morgan Club Nippon)2013

 

The Morgan Club Nippon was founded on January 22, 2007 by those Morgan owners and enthusiasts for the purpose of promoting the friendship through the club’s activities, further enhancing the intelligence and healthy life with Morgans as well as the sense of humore, through the recognitions and the understanding of Morgan Sports Cars that had been first built by H.S.F. Morgan in 1909 at his garage and that up todate since then have been produced, maintaining the traditions. The club respects the sprits of independence of the members and through the liberal and creative activities with Morgan, the club and the members aim at the promotion of Morgan Sports Cars as well as the motor cars culture in Japan.The club is open not only for Morgan owners but also for Morgan fans and enthusiasts and/or any other group. Come and join the club and enjoy the life with Morgans and any other cars.
Succeeding H. Tanahashi (2007-2009) K. Maeda (2009-2010) and T.Kurosaki (2010-2012) recommended by MCN members, I took up a new position of MCN Chairman. I had been in the office of Secretariat since MCN foundation and now M.Watanebe took me over.Also newly appointed workforces H.Tanahashi M.Watanabe H.Motegi K.Motegi M.Takeyama T.Kanno H.Shiina Y.Fujiwara and S.Uenoyama started their roles effectively. I am pleased to sit on the chair as if a captain of the MCN ship. Taking and following those slogans “One for All, All for Morgan " and “Enjoy ourselves through the life with Morgans” by Tanahashi and “Allmembers"participants under well ventilated/free ambient”,
I will proceed the activities. I will watch and pay the efforts that the members feel cool and pleasant upon joining the club and its events. Certainly it is inevitable that those staffs of each role attempt their best endeavor. At the same time it is important to have each member participate the club life and provide me with comments and suggestions. Those members who are willing to help the club activities are most welcome.Now one proposal. At the events, members’ spouses and family members often join. I think their comprehensions are significant. I would like to welcome them as “MCN Family Members”. Scotty K.Uenoyama MCN Chairman June 2012
First of all, my thought of the ideal method of carrying out MCN is to pursue to have every member join and participate the club life and activities. In another words, every member shall have a fair opportunity in any respect.Although each member has its own sense in the shift lever change and/or stepinng on the accerator, we shall be able to make up for the supplement. That is, the MCN back bone spirit upon the club's foundation,quot;One for All, All for Morganquot, It comes down to a spirit of consideration for each other. Having and following the spirit,let us believe the prosperity now and futtre. I am pleased to be a lubricant oil for MCN engine smoothly revolute.
I wished that someone else, one of the young and active members should have been chosen. I accepted the appointment, however, for the first term(two years) as I have encouraged the subscribers to leverage the spirits of democracy, liberalism and self-motivated pleasant club life. I spoke at the openning gereal meeting of a slogan described by Alexander Duma in his popular nobel, the Three Musketeers that Daltanian said to the other threee, “One for All, All for One”. The phrase is open applied for the concentration of the teamwork in the sports. I should then suggest an alternative motto of MCN, “One for All, All for Morgan” that would probably printed on the club badge, the stationaries and the other.